全国豊かな海づくり推進協会とは

挨拶

我が国漁業は燃油高騰や魚価安により苦境に立たされ、また地域を支える重要な水産資源の減少は深刻です。

資源を底支えし、資源を回復させる積極的な手段としての栽培漁業は、明日の漁業への支えとなっております。しかし、これを実践する都道府県の種苗生産施設の著しい老朽化や財政難等により、地域の栽培漁業は極めて厳しい状況にあると伺っています。

EEZ内の水産資源を管理し、維持・回復させるための施策を講じることは沿岸国の責務であるとともに、我が国の漁業は国民への水産食料の安定供給という大きな役割を負っています。

当協会は原点に立ち返り、「豊かな海づくり」に向け、栽培漁業を推進する全国機関としての機能を発揮し、沿岸漁業を支える役割を果たさなければなりません。

このため国に対しては、水産資源の回復・安定化や漁場環境の改善を図るための一層の施策の拡充を求めるものです。

会長 岸 宏

全国の栽培漁業の現場の声を受け止め、関係の皆様との連携を強め当協会の発展に努めてまいります。皆様のご指導、ご鞭撻をよろしくお願い致します。

公益社団法人 全国豊かな海づくり推進協会
会 長  岸 宏